産業医学図書 産業医学定期誌 産業医学ビデオシリーズ データバンク

産業医学図書

new How to 産業保健No,4生きた安全衛生委員会の運営のために 増補版

How to 産業保健No,4生きた安全衛生委員会の運営のために 増補版

産業医科大学産業保健管理学 非常勤助教 加藤 憲忠 著
平成28年5月25日 増補版発行 (初版:平成23年12月2日 )
B5判/103頁/本文2色刷

定 価:1,944円(消費税込)
送 料:  350円

 

内 容:

*何をどう進めれば充実した安全衛生委員会となるのか?

*安全衛生委員会の基本事項とともに、具体的な16の再現事例により平易に解説!

【増補の内容】
ストレスチェック、化学物質のリスクアセスメントを新たに収録

構 成:

☆増補の箇所を赤字で表示しています

  • はじめに
  1. 安全衛生委員会の基礎知識
    1. 法令上の規定
      ( 1 )設置対象事業場
      ( 2 )構成員
      ( 3 )調査審議事項
      ( 4 )記 録
      ( 5 )調査審議事項の社員への周知
      ( 6 )開催頻度
      ( 7 )開催に要する時間の取り扱い
    2. 運営の実際
      ( 1 )安全衛生管理体制(下部組織も含む)
      a.安全衛生委員会/ b.安全衛生担当部門/ c.下部組織/
      ( 2 )構成員の役割
      a.総括安全衛生管理者/b.安全管理者・衛生管理者/ c.産業医
      ( 3 )安全衛生計画の作成
      ( 4 )各種報告・審議事項
      a.健康診断と事後措置/ b.職場巡視の結果/ c.過重労働対策/ d.メンタルヘルス対策/ e.労働災害発生時の原因究明と再発防止/ f.リスクアセスメント/
      g.作業環境測定結果/ h.ストレスチェック制度
      ( 5 )健康講話
      ( 6 )出席率向上策
      ( 7 )議論の活性化
      a.事前の取り組み/ b.全員が参加できる工夫/ c.委員の教育/d.事務系職場の衛生委員会の活性化/
      ( 8 )議事録の作成と周知
      ( 9 )構内協力会社の参加
      (10)個人情報の取り扱い方法
      (11)マネジメントシステムとの関係
      (12)安全衛生委員会の運営のチェックリスト

  2. ケースから学ぶ安全衛生委員会への関わり方
    1. 製造業編
      ケース1.初めての衛生委員会参加~衛生委員会から分かること~
      ケース2.職場巡視結果の報告
      ケース3.特殊健診で有所見者が複数出た職場の調査
      ケース4.新型インフルエンザの対策を周知
      ケース5.メンタルヘルス不調者の職場復帰支援プログラム検討
      ケース6.過重労働対策委員会に参加
      ケース7.臨時の交替勤務に助言
      ケース8.労働災害の原因究明と再発防止
      ケース9.職場の分煙・禁煙の推進
      ケース10.化学物質のリスクアセスメント
    2. 非製造業以外の事務職場編
      ケース11.専門部会:健康管理委員会の設置
      ケース12.健康診断受診率の向上について
      ケース13.過重労働の問題点を管理職会議で啓発
      ケース14.衛生委員会でラインによるケアを再度周知
      ケース15.衛生委員会で風疹対策を啓発
      ケース16.ストレスチェック制度


  • 参考文献
  • おわりに
  • 資料編